中井です。

本日は、キュレーションサイトの構築から
少し 補足も含めお話します。

まず、大事なポイントが一つだけあります。

 

キュレーションで成功する秘訣とは?

 

キュレーションで成功する人と
失敗する人の違いは、サイトの趣旨を
明確にできるかどうか。

 

ここが肝です。

 

例えばの事例で、おでかけやグルメのキュレーションを
作るとしましょう。

 

ここでは、サイト構造で言うと「県や市」のカテゴリで
分類するのが一番しっかりします。

 

そうすると○○県のネタ、つまり記事テーマを決めて
その情報を集めるという事ができるのです。

 

例えば「渋谷でレトロなお店」とすると
どんどん調べれば意図も簡単にコピペの繰り返しで
情報量の多いページが完成します。

 

でも、これを何も考えず適当に投稿していると
「次に何を投稿するのか」が分からないうなり
サイトコンテンツも趣旨の定まらないものになるという事です。

 

大事な事は、サイトが存在する理由です。

 

もちろんトレンド系で攻めたい人の場合は、
そのニュースに関して情報を収集してまとめるわけですから
凄く単純極まりない筈です。

 

ブログだけでなく
動画、そしてTwitterのツイートなど
様々な形で情報を拾い集める事ができるのです。

 

訪問者のニーズに答えられるキュレーション戦略

 

訪問者もそうですけど、1個1個サイトを開くより
全部まとめて収集できる方が時間削減にもなるし
そこで情報が得られると、「役立つサイトだな」となるのです。

 

ただ何でもかんでもまとめているだけだと
趣旨が明確でなく 単なるパクリサイトみたいになってしまうけど
ちゃんと どういう趣旨のサイトなのかを明確化してカテゴリ分けをして
投稿する事で 質の高いサイトができあがります。

 

また口コミでなくて、キュレーションの場合は
投稿で一定数投稿本文を埋めてから必要に応じて
QPAで言えば、コメントから記事を足していくという方が楽かもしれません。

 

ゲームならゲームで、ゲーム名のカテゴリを作り
単発的なもの 情報量の少ないものは、
その他 ○○ゲーム(○○はジャンル名)
などにしておくとカテゴリに属さないものは、
そのカテゴリに入れれば良いので分かりやすくなります。

 

例えばパズドラとする場合なら パズドラのカテゴリを作り
パズドラ系の記事テーマを考えてまとめる事です。

 

なんとなくイメージが沸きますね?

 

既に情報を収集する事は、簡単な事ですから、
「何をまとめるのかを 具体的にする」という事です。

 

ネットビジネスでも何をやるのか具体的にする方が、
儲かるに決まっていますからね^^

 

 

是非参考にして下さい。

 

【ウィジェットやフリースペースの扱い方】

 

あとサイドバーやフリースペースですが
とくに決まりはありません。

 

サイドバーは最低限、最近の投稿や
カテゴリは、最低限必須ですが、その他のものに
関しては、ご自由に設定頂いて構いません。